LINE UP
商品ラインナップ

インフィルプラスでは、自由設計の完全オーダーで建てる「注文住宅」とは別に、
使用する素材や設備等の仕様がパッケージングされた「規格住宅」もございます。
現在は、「WOOD TARP」「HILLA-house」「MONO-house」の
3シリーズの規格商品を販売しております。
このページでは規格商品のラインナップをご紹介しています。

HILLA-houseヒラ・ハウス シリーズ

中庭をコの字やL字に囲う平屋

MONO-houseモノ・ハウス シリーズ

総2階、6面体の上質な箱

NEW ARRIVAL

WOOD-TARPシリーズ

  • ・WOOD TARP (ウッド・タープ)

屋根裏の空間を備えた平屋の家。
収納スペースとして、人が住むための部屋として・・・、
固定階段で昇降する屋根裏空間の使い方は、住まい手次第。
そして、家族構成やライフスタイルの変化に応じ、
間取りを変えていける高い可変性も、この建物の魅力。

ニーズから生まれた「平屋+屋根裏空間」という形

最大の特徴は「屋根裏の空間を備えた平屋」というスタイル。
「収納用にロフトが欲しい」「1部屋だけ上に作りたい」・・
そんな多くのお客様がご要望したニーズによって生まれました。
さらに、吹き抜けも組み合わせ、圧倒的な開放感を実現。

暮らしの変化に合わせて、間取りを変えられる

家族構成の変化やライフスタイルの変化に応じて
なるべく過不足なく暮らしにマッチさせられるよう
間取りの変更が容易な高い可変性を持っています。
スケルトン&インフィルの概念で建てた家ならではのメリットです。

規格住宅の枠を超える、セミオーダースタイル

9パターンの設定プランから、ベースのプランをお選び頂きます。
それを元に間取りの配置や、建物自体の大きさを
敷地条件やご要望にあわせて自由にカスタマイズが可能。
規格住宅の常識を変える、セミオーダー的な家づくりが魅力。

屋根裏空間へのアクセスは固定階段で

屋根裏空間へアクセスする手段として、固定階段が標準で付きます。
いわゆる収納用ロフトの場合、ハシゴでの昇降が一般的ですが、
荷物を持っての昇降は大変で、お年寄りなら昇降自体がほぼ不可能。
キモとなる屋根裏をデッドスペースとしないための仕様です。

PLAN VARIATION

【WOOD TARP】

  • ・WOOD TARP 4.5×4.5(W8,190mm/D8,190mm)
  • ・WOOD TARP 4×4(W7,280mm/D7,280mm)
  • ・WOOD TARP 5.5×3.5(W10,010mm/D6,370mm)
  • ・WOOD TARP 5×4(W9,100mm/D7,280mm)
  • ・WOOD TARP 5×5(W9,100mm/D9,100mm)
  • ・WOOD TARP 6.5×3(W11,830mm/D5,460mm)
  • ・WOOD TARP 6×3(W10,920mm/D5,460mm)
  • ・WOOD TARP 6×3.5(W10,920mm/D6,370mm)
  • ・WOOD TARP 7×3(W12,740mm/D5,460mm)

■プラン一例 (WOOD TARP 6×3)

W10,920mm/D5,460mm

  • □延床面積/101.85㎡(30.80坪)
  • □工事面積/119.24㎡(36.07坪)

※ その他のプランにつきましてはお問合せください。